子宮頸がんとは

子宮頸がんとはどんな病気なのか

最近良く耳にする「子宮頸がん」とは、どんな病気なのでしょうか?

 

子宮の入り口「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできる癌(がん)のことを
子宮頸がん(しきゅうけいがん)といいます。

 

子宮頸がんは、大きく2種類に分けられます。
ひとつは、子宮頸部の表面を覆う扁平上皮細胞からできた扁平上皮がん
もうひとつは、粘液を分泌する腺細胞からできた腺がん

 

子宮頸がんといえば、扁平上皮がんがほとんどですが、
最近は腺がんになる女性も増えてきているようです。
腺がんは、扁平上皮がんと比べて検診で見つけにくく、
更に治療も難しいといわれています。

 

日本人全体で年間15,000人が発症し、約3,500人が死亡している子宮頸がん。
30歳代〜40歳代で多く診断されており、40歳代では年々減っているようです。
逆に、20歳代〜30歳代の発症率が増えているとデータで明らかになりました。

 

しかし、子宮頸がんは他のがんとは違い、検診でガンになる前に発見できる
予防ができる癌」なのです!
初期病変のうちに治療してしまえば、完治もでき妊娠も出産も可能ですので、恐れる必要のない癌なのです。

 

子宮頸がんは、初期症状がないことがほとんどですので、
そのままステージ(がんの進行状況)が進んで手遅れになるケースがほとんどです。
子宮頸がんを予防するには、定期的な検査が必要で、早期発見、早期治療が大切になってきます。

 

今では病院に行かずとも自分で簡単に子宮頸がん検査ができますので、
ぜひ検査することをお勧めします。

 

自分で調べる子宮頸がん検査キットはコチラから

 

 

関連記事: 子宮頸がんの原因は何?