子宮頸がん 原因

子宮頸がん原因は?男性と性交渉か。HPVや潜伏期間について

子宮頸がん原因は?

 

子宮頸がんは、男性と性交経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。
がんと聞くと遺伝などが考えられますが、子宮頸がんには遺伝は関係ありません。

 

子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)のウイルス感染です。
ヒトパピローマウイルス(HPV)とは、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、
主に性交渉によって感染すると考えられています。

 

性器のまわりの皮膚や粘膜との接触などによっても感染することがあるので、
コンドームは感染を防ぐ有効な手段ではあります、しかし、完全に防ぐことはできませんので
注意が必要です。不特定多数との性交渉は避けた方がよいです。

 

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)とは

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、すべての女性の約80%が一生に一度は
感染していると報告されているウイルス。
そのために、性行動のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を秘めています。

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)にはハイリスク型とローリスク型の2種類があり
子宮頸がんを引き起こすのはハイリスク型のみ。
このハイリスク型HPVが持続感染した場合、子宮頸癌へと進行する危険性があります。

 

HPVに感染してから発症するまでの潜伏期間は約5年ともいわれていますが、
中には10年以上も潜伏しているケースもあります。
感染を繰り返すウイルスのため、潜伏期間の特定が難しいとされています。

 

 

子宮頸がんを予防するには

 

子宮頸がんはセックスなど性交渉が原因でなることが多いので、
不特定多数との性交渉は避け、コンドームを使用することが大切です。

 

しかし、性行動がある女性なら誰でもなる可能性のある病気なので
子宮頸がん検診を定期的に受診することが重要です。

 

子宮頸がんは、予防ができるがんです。
定期的に検診・検査を受けることで、早期発見、早期治療で
完治することが可能なのです。

 

子宮頸がんの検診や診断は、全国の婦人科クリニックで受けることができます。
また最近では、「子宮頸がん検査キット」を使用すれば、自宅で自分で簡単に検査可能です。
あなたの子宮と命を守るために、ぜひ定期的に検診・検査してください。

 

子宮頸がん検査が自宅でできる子宮頸がん検査キットはコチラ。